>  > 風俗の仕事を楽しんでいるアラフォー嬢

風俗の仕事を楽しんでいるアラフォー嬢

某風俗店のホームページを訪れると、なかなかフェロモン指数が高そうなアラサー・アラフォーの風俗嬢達が在籍している模様で、写真を見ているだけで興奮しました。一際スケスケのランジェリー姿で挑発するようなポーズを取っていた嬢が目に止まり、プロフィールを見てみると、変態ド淫乱アラフォー妻降臨などと書いています。ルックス面は、好みは分かれる感じのケバ目なお水系の顔立ちをしていらっしゃいます。プロポーションも30代後半のちょっとお肉が余っている箇所もありといった感じなのですが、サービスに関しては、宣伝文句に偽りなしといった感じのド淫乱なサービスでした。この手の仕事をしているというのは、何かしらの事情がある方が多く、嫌々ながらといった接客態度を取っている女の子も少なくありませんが、この方の場合には、この仕事を楽しんじゃおうという接客スタイルで、とにかくプレイが楽しいわ、気持ち良いわという感じなんです。こんな体験は初めてですね。

風俗女に初ミルク浣腸プレイをした

私がよく使うとあるデリヘル店は風俗嬢によって無料オプションの幅が違います。一概には言えませんが、かわいい子はオプションが少なく、ブスはオプションが多いと言った感じです。普通そのデリヘル店は風俗嬢の写真が貼ってあるにもかかわらず、その日見たらある風俗嬢の写真は全くありませんでした。その代わりオプションオールOKとの文字が。とんでもないブスか?でもフルオプションだからといろんな葛藤を経た挙句結局その子と遊ぶことにしました。来た女の子は思った以上のブスでした。荷物をいっぱい持っていた女の子は「今日は何したいですか?」と自分が変態プレイをやられることを分かりきっていました。その中でも前々から興味のあったミルク浣腸をさせてもらったのですが、AVのようにスプラッシュしたわけでもなくああこんなものかと言った感じで終わってしまいました。やはりブスすぎること遊んでも何の面白味もありませんね。しかし眼球に射精したことに罪悪感が湧かなかったのもブスだったからでしょう。

[ 2016-06-10 ]

カテゴリ: 風俗体験談